主治医の見つけ方《内科に行く前に押さえておくべき3箇条》

When to go

医師が教える見抜き方<安全に内科に通う法則>

先生にも違いがある

医師といっても一人の人間ですので、性格が違って当たり前と言えるでしょう。また、面白いことに内科や外科によっても性格が異なることがあるので、この機会にリサーチしておくといいかもしれません。

医師の性格を比較

内科の場合

頭がキレる人が多く、多様な専門知識を持っているので、どのような怪我や病気にも対応しています。また、代々受け継いでいることが多いので、安心感を得ることができるでしょう。

外科の場合

リハビリなどをすることがあるので、体力に長けている方が多数在籍しています。性格も明るい方がほとんどですので、通院するのが苦にならずに治療をすることができるでしょう。

主治医の見つけ方《内科に行く前に押さえておくべき3箇条》

診察

患者数

患者さんが多ければ多いほど評判がいいとされているので、最低でも年間100例以上の診察や手術をしている医師を都筑区の内科で見つけると良いでしょう。これらは、病院のサイトで確認することが可能となっています。

ドクター

勤務形態

都筑区では、常勤で働いている医師の他に非常勤で働いている医師がいます。そして、前者は患者さんの診察から手術、治療までを全て担当しているのです。ですので、主治医にするなら常勤の先生の方が良いと言えるでしょう。

病院

診療数

目に見えるほど診療数が多いのにも関わらず、医師が2から3人の場合は手一杯になっている可能性があります。そうなると医療ミスの原因になり兼ねないので、診療数と合っている内科を探すと良いでしょう。都筑区で生活をするならこれくらいの手間はかけておいた方がいいですね。

良い医師

最近では患者さんの病状をパソコンに入力しなくてはならないので、それに気を取られている医師がいるのも事実です。しかし、患者さんの表情なども診察材料になるので、しっかり目を見て話してくれる医師が良いとされています。

広告募集中