When to go

症状で見極める~内科でできることできないこと~

高熱の定義

そもそも高熱とは平熱よりも高い温度となっており、37度台の方は38度台の熱がでることを指しています。これらは、扁桃腺の場合もありますが、ウイルス性が原因なものもあるので、一口には言えないのです。

内科に行けば痛みがなくなる「早期解決が鍵になる」

男女

電話で伝える

高熱が出る原因は様々ですが、インフルエンザやノロウイルスでも同じような症状が出ます。そうなると他の患者さんや看護師などに感染させてしまう恐れがあるので、事前に電話で高熱があることを話して世田谷区の内科に行くと良いでしょう。

ハート

マスクをする

感染が拡大する原因として、咳をすることが挙げられます。ですので、都筑区や世田谷区の内科に行くならマスクをきちんとしてから行くのがマナーです。最近ではコンビニなどにも売っているので、常備しておくと良いでしょう。

内容の違い

内科

内科では発熱や咳といった風邪や嘔吐や下痢などの症状を治すことが可能となっています。ですので、体の異変を感じたらすぐに病院へ行くように習慣づけておくと良いでしょう。

外科

外科は交通事故などで骨折をした方の手術をすることが可能となっています。また、日本でも死亡する原因の一位となっている癌の発見や手術をすることができるようになるでしょう。

病院のシステム

日本だけでも病院は複数ありますが、いちいち別の病院にしていたら毎回問診票を書いて医師に病状などを説明しなければなりません。しかし、下記の方法に切り替えるだけで楽に通院することができるでしょう。

病院を利用する時

男女

かかりつけ医師は必要ですか?

一人の医師に決まって診断をしてもらうことによって、患者の過去の病気を把握するだけでなく、生活習慣などをチェックすることが可能となっています。新たに病気になったとしてもすぐに改善方法を提案できます。

お薬手帳の意味はありますか?

現代ではどこの病院に行ってもお薬手帳を提示するように言われます。それは、かかりつけ医がいない時や別の病院で受診した時にアレルギー反応がないように薬を調合するために使われるので、持っておくべきです。

広告募集中